スペアミント

*

スペアミント


スペアミントは、別名をグリーンミントとも呼ばれるハーン部です。ペパーミントに比べて甘い香りが強いのが特徴です。香りもペパーミントに比べると刺激が弱く、クセがないため料理に対して汎用性があるミントです。ベトナム料理にはスペアミントがよく使われています。
 乾燥させてお茶にするとミントティーになります。疲れているときにミントティーを飲むとリラックス効果が得られ、気分爽快になります。そのほか口臭予防、抗菌、鎮痛といった効果もあります。また、甘みがあるためケーキ、クッキー、アイスクリームなど、お菓子にミントの清涼感を持たせたいときにも使われます。

【スペアミントの旬や保存の方法】

おいしい時期・・・6~9月
保存・・・水に挿して1~2日、あるいは乾燥させて密閉容器に

 icon-arrow-circle-right スペアミントのハーブティーとしての使い方や効果・効能を見る

スペアミント関連ページ

ペパーミント
ペパーミントはシソ科の多年草です。和名ではハッカといいます。香りの主成分はメントールであり、殺菌、口臭予防、消 […]
みょうが
みょうがは。本州から沖縄まで、日本各地に自生している香味植物です。ちなみに世界的に見ても、野菜として栽培してい […]
わさび
わさびは、本来は山間の渓流に自生している香辛野菜でした。古くから利用されていましたが、江戸時代になってから、静 […]
こぶみかんの葉
トムヤムクンなどの東南アジアの料理に使えるスパイス ライムやレモンを思わせるような柑橘類のさわやかな香りを持ち […]
くちなしの実
きんとんなどでおなじみの鮮やかな色合いが特徴のスパイス アカネ科の植物の実で、一説では実が熟しても割れない(口 […]
マスタードシード
独特の辛味と香りが料理を引き立てる マスタードシードはアブラナ科の一年草の種子です。イエローマスタード、ブラウ […]
唐辛子
唐辛子は舌が焼けるような辛さを持つ唐辛子は、熱帯アメリ力が原産。歴史は古く、1万年以上も前から栽培されていたと […]
胡椒(こしょう)
胡椒(こしょう)は世界中で親しまれているこしょう(ペッパー)は、インド南西のマラバル地方が原産。 蔓性の植物で […]
エストラゴン
フランス料理でおなじみ“食通のハーブ” フランス料理では定番のハーブでアニスに通じるような甘い芳香 […]
ローズペタル
ローズペタルは「花の女王」・バラの花びら。優雅な香りも楽しみ ローズペタルの効果や特徴 ローズベタルは、ビタミ […]