花椒(ホアジャオ)

*

花椒(ホアジャオ)


花椒(ホアジャオ)は舌を麻痺させるパンチの利いた辛味と香りが特徴的。鎮痛作用も

花椒(ホアジャオ)の効果や特徴

中国では、その昔大量の花椒を局部麻酔として使っていた、と言われるほど強力な鎮痛作用があります。歯が痛いとき、花椒一粒を患部に乗せてしばらく噛んでいると、痛みが自然に消えることもあります。

花椒(ホアジャオ)の使い方

山椒に比べて花椒の方が辛味がやや強いです。四川料理の味付けの基本「麻」は、舌をしびれさせる花椒の刺激を意味します。ミックススパイスである「五香粉」に入れたり、塩と混ぜた揚げものの調味料として用いられます。

花椒(ホアジャオ)とは

花椒と山椒は同じミカン科サンショウ属の植物です。この2つは、種類は異なりますべ柑橘系のさわやかな香りと舌がしびれる刺激的な幸味を持つ、という点では共通しています。

高さ3メートル程の落葉木。山椒と同じで雄の本と雌の木に分けられます。花椒として用いられるのは、しびれるような強い幸味がある乾燥させた実の皮の部分です。

花椒(ホアジャオ)は中国が原産とされるミカン科サンショウ属の植物の果実で、平たくいえば中国の山椒の一種です。日本の山椒とは別種で、花椒は舌がしびれるような刺激が日本のものよりも強いのがひとつの特徴です。

中華料理のなかでも、四川料理でよく使います。麻婆豆腐は定番中の定番で、麻婆の「麻」の字は花椒などによる「しびれるような刺激」を表しているといわれます。肉や野菜、魚の炒め物や担々麺、前菜などに使われるジスンャーと一緒に刻んだ中華風のソース・椒麻、火鍋などにもよく使います。

和食に用いるのもよいでしょう。漬物で野菜と一緒に漬けたり、南蛮漬けに用いたりすると、ピリッとした独特の辛みとさわやかな風味のアクセントがつきます。日本の山椒の代わりとして、身近な和食に試してみるのもよいかもしれません。

なお花椒は、古くから漢方にも利用され、精神安定や消炎鎮痛、消化促進などに効果があるといわれています。

花椒(ホアジャオ)におすすめのレシピは何?

中華料理
麻婆豆腐、中華風炒め物、担々麺、火鍋、炒飯、バンバンジーなどの肉類。バウダーのものを唐揚げの衣
に、ほか

ソース・シーズニング
花椒塩、花椒、花椒油、椒麻、ほか

そのほか
漬け物、味噌と肉の和風の炒め物。煮魚。豚の角煮、ほか

花椒(ホアジャオ)の基本情報

項目 備考
別名 中国ザンショウ
利用部位 果実
科名 ミカン科
原産地・産地 東アジア
効果 精神安定、消炎鎮痛、血圧を下げ、消化を助ける
料理例 麻婆豆腐、から揚げ、豆腐の煮込み、担々麺

花椒(ホアジャオ)関連ページ

ポルチーニパウダー
ポルチーニパウダーは抜群の風味を持ちイタリア料理に欠かせない「きのこの王様」 ポルチーニパウダーの効果や特徴 […]
バリグール
バリグールは南仏プロバンス料理に欠かせない定番のミックススパイス バリグールの効果や特徴 トマト系ソースとの相 […]
ホースラディッシュ
ホースラディッシュは鼻に抜ける辛みとさわやかな香りで肉料理との相性抜群 ホースラディッシュの効果や特徴 根の用 […]
ホワイトマスタード
ホワイトマスタードは独特の風味と辛味で、日本でもなじみ深いスパイス ホワイトマスタードの効果や特徴 薄い黄土色 […]
ポピーシード
ポピーシードは独特の香ばしい風味と歯触りでお菓子作りに最適のスパイス ポピーシードの効果や特徴 おもにホワイト […]
ブラッククミン
ブラッククミンはインドやヨーロッパ料理に欠かせないスパイシーな風味と香り ブラッククミンの効果や特徴 成長する […]
ブラックカルダモン
ブラックカルダモンはインド料理には不可欠な香り豊かなスパイス ブラックカルダモンの効果や特徴 グリーンカルダモ […]
ブラウンマスタード
ブラウンマスタードは日本でもなじみ深い、独特の辛味を持つスパイス ブラウンマスタードの効果や特徴 古くから使わ […]
フェンネル
フェンネルは甘い香りで魚料理と相性抜群の「魚のハーブ」。消化促進にも フェンネルの効果や特徴 香味は品種、産地 […]
フェヌグリークシード
フェヌグリークシードは個性的な香りと苦みでカレー粉やチャツネの原料に フェヌグリークシードの効果や特徴 主にカ […]